キャッシュレス生活ナビ

クレジットカードや電子マネー、スマホQRコード決済他、おすすめのキャッシュレス決済を徹底比較!

コンビニ

クレジットカードで支払えるコンビニは?【サインレスでポイント獲得!】

更新日:

クレジットカードが使えるコンビニ
コンビニでお買い物をする時に、現金で支払いをしている方が多いと思いますが、それをクレジットカード払いにすると「お得」で「便利」だということはご存知でしたか?

たとえ数百円の買い物でもクレジットカードを使って支払いをすると、こんなメリットがあるんです!
それは、

  1. ポイントが貯まるから「お得」
  2. 会計がスムーズにできるので「便利」

ということなのです。

せっかく同じお店に、ほぼ毎日行ってお買い物しているのですから、これを機に、クレジットカードを使ってお得で便利なお買い物をしてみませんか?

1回の買い物で貯まるポイントは少ないかもしれませんが、長期で考えれば結構なポイントを稼ぐことができますし、何より支払いがスムーズになるので、1度使うとすぐにこの便利さにハマってしまうでしょう。

コンビニで利用できるクレジットカード

クレジットカードのコンビニでの使い方
まずは、各コンビニで使えるクレジットカードをご紹介します。基本的に大手のコンビニであれば主要な国際ブランドのカードで支払うことが可能です。

コンビニ名 VISA JCB Master アメックス ダイナース ディスカバー 銀聯
セブンイレブン × ×
ファミリーマート
ローソン
サークルK/サンクス
ミニストップ ×
セイコーマート × × × 一部○
ポプラ ×
生活彩家 ×
スリーエフ ×
デイリーヤマザキ × ×
セーブオン × ×

ただし、クレジットカードで支払いができない商品もあるので注意が必要です。例えば、電気・ガス・水道などの公共料金や携帯電話の請求払い分、他にも、切手やハガキ、収入印紙、プリペイドカード類、自動車税などの税金などは、コンビニではカード払いができないようになっていますので、ポイントを貯めることができません。

コンビニでカード払いができない商品やサービス

コンビニ名 カード払い不可の商品・サービス
セブンイレブン ・インターネット代金収納(セブンネットショッピング、西武そごうのeデパート、アカチャンホンポネット通販、ロフト、イトーヨーカドー、タワーレコード、ニッセン除く)
・公共料金
・マルチコピー機でのサービス(一部チケット除く)
・切手・印紙・ハガキ・年賀状
・クオ・カード
・テレホンカード
・アイチューンズカード
・ニンテンドープリペイドカード
・プリペイド携帯カード
・ビール券・酒クーポン券
・地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
・他金券等に準ずるもの
・nanacoカード発行手数料
・nanaco現金チャージ
・交通系電子マネー現金チャージ
・Edy現金チャージ
詳しくはコチラ→「クレジットカード等支払い可否一覧表
ファミリーマート ・公共料金等の各種代金お支払い
・Famiポート取扱い商品・サービス(チケットを除く)
・プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
・宅急便
・切手、はがき、印紙類
・ゴミ処理券等の金券類
・一部の自治体指定ごみ袋
・電子マネーチャージ
・コピー、FAX
ローソン ・テレホンカード類
・バスカード・各種乗車券・回数券
・各種消費券
・QUOカード
・切手・ハガキ
・印紙
・一部のLoppi取次サービス
・公共料金・収納代行票でのお支払
サークルK/サンクス ・公共料金・通信販売・店頭受取サービスなどの料金収納
・オンライン決済
・スマートピット等の「収納代行」
・金券類(切手・印紙・はがき類、バス券等)
・「ネットプリカ」
・クオ・カード発行(販売)
・スポーツ振興くじ(toto・BIG等)等
詳しくはコチラ→「クレジットカード等支払可否一覧表
ミニストップ ・切手/印紙
・はがき
・ギフトカード
・テレフォンカード
・ごみ処理券
・WAONカード
・公共料金類
・コンビニ受け取りサービス
・ゆうパック
・コピーサービス
・FAXサービス
・MINISTOP Loppi取り扱いサービス・商品(なお、ローソンチケット、予約取り寄せ商品は除く)
・レジャーチケット類
セイコーマート ・公共料金・通信販売などの収納代行
・プリペイドカード類(QUOカード・テレホンカードなど)
・電子マネーチャージ
・切手、はがき、印紙類
など
ポプラ・生活彩家 ・公共料金・通信販売などの収納代行
・プリペイドカード類(クオカード・テレホンカードなど)
・金券類(切手・印紙・はがき・ギフトカード・ゴミ処理券)
・宅急便・クロネコメール便
・チケット
・回数券
など
スリーエフ ・収納代行(公共料金含む)
・スマートピット
・オンライン決済
・電子マネーチャージ(Suica・PASMOなどの交通系ICカード、楽天Edy)
・切手・はがき・印紙
・カード類(テレホンカード、プリペイドカード等)
・ごみ処理券・地域指定ごみ袋
・ビール券
・チケット類(映画券、東京ディズニーリゾートパスポート、その他レジャーチケット)
・プリペイドサービス
・POSAギフトカード
・コピー・FAX
デイリーヤマザキ ・公共料金等収納代行票でのお支払
・オンライン決済
・プリ犬
・プリペイドカード
・宅配便
・切手、はがき、収入印紙
・テレフォンカード等
セーブオン ・公共料金などの収納代行
・プリペイドカード類(クオカード・テレホンカードなど)
・電子マネーチャージ
・切手、はがき、印紙
・コピー、FAX
など

コンビニでの支払いをクレジットカードでするのがおすすめな理由

コンビニで利用できるクレジットカード

1:ポイントが貯まる

コンビニでの1回の買い物の金額は小さいかもしれませんが、「ちりも積もれば山となる」と、ことわざにもあるように、年間で考えるとかなりの額を使われているのではないでしょうか。
たとえば、1日に1回コンビニへ行き、500円の買い物をした場合、1週間で5日行くと、2,500円を使ったことになり、1年間を通して週に5回行ったとなると、年間13万円も使うことになります。

1日にコンビニで500円使った場合

1日 500円
1週間(5日) 2,500円
1年間(52週間) 130,000円
5年間 650,000円

コンビニでは缶コーヒー1本だけでもクレジットカードで支払えるようになっていますので、この年間13万円の買い物を全てカード払いにしてしまえば、その金額に応じてポイントを貯めることができるのです。

10万円以上する家電製品や洋服、バッグ、装飾品を買う時は、クレジットカードで支払いをしてポイントを貯めるのに、日々のお買い物の積み重ねでまとまった金額となるコンビニでの支払いをカード払いにしないのはもったいない話しですよね。

ましてや、最近のコンビニでは、お弁当や飲み物、お菓子だけではなく、雑誌やコスメ、野菜などの生鮮食品までも売っているところもあるので、1日に500円以上使っている方も多いのではないでしょうか。もちろん、これらもカード払いにすればポイントの対象となりますし、他にもタバコやアルコール類もカード払いをすればポイントを貰うことができます。

2:会計をスムーズにできる

コンビニでクレジットカードを使って支払いをしたことがない方は、カード払いは「サインや暗証番号の入力が面倒くさい」「支払いに手間取って周りから冷たい目で見られたくない」という方が多いと思いますが、実際にはそんなことはなく、大手コンビニでは10,000円未満などの一定金額での少額決済の場合は、暗証番号入力もありませんし、サインレスとなっています。(サークルKサンクスは、5,000円未満がサイン不要)

カード払い時にサインレスとなる金額

コンビニ名  サイン不要な金額
セブンイレブン 1万円以下
ファミリーマート 1万円未満
ローソン 1万円未満
サークルK/サンクス 5,000円未満
ミニストップ 1万円未満
セイコーマート 1万円未満
ポプラ・生活彩家 1万円以下
スリーエフ 1万円以下
デイリーヤマザキ 1万円未満
セーブオン 1万円未満

クレジットカードで支払いをすれば、レジで財布の中の小銭を探したり、お釣りのやりとりをする必要がなくなるため、現金払いよりも断然会計がスムーズになります。

たとえば、コンビニで130円の缶コーヒーをカード払いにする場合の店員さんとのやり取りは、たったの3ステップで済んでしまうのです。

  1. 店員さんにクレジットカードを渡す
  2. 店員さんがカードをカードリーダーに通す
  3. 店員さんからカードと「お客様控え」を受け取る

コンビニでのカード払いに慣れてしまうと、財布から小銭を取り出したり、お釣りをやり取りしないといけない現金払いがイヤになると思います。商品とクレジットカードを渡して数秒で終わる買い物を快適に感じるようになるでしょう。

あと、コンビニでカード払いをすると店側からも喜ばれるって知ってましたか?コンビニでクレジットカードをだすと、どうしても時間がかかりそうで迷惑がかかると思われがちですが、実際にはそんなことはなく、カード払いにすると現金のやり取りがなくなるので、釣り銭の数え間違いがなくなりますし、会計がスピーディになることでレジ待ちの時間が短くなり、支払いで並んでいるお客さんを効率よくさばけるようになるのです。

コンビニでクレジットカードを利用するのは「恥ずかしい」という方や、「面倒くさい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、カード払いにすると利用者にもお店側にも色んなメリットがありますので、たとえ数百円の買い物でもクレジットカードを使って賢くポイントを貯め、スマートに支払いを済ませましょう。

まとめ

クレジットカードでコンビニ払い
コンビニでのお買い物をクレジットカード払いにすると2つのメリットがあります。

  1. ポイントが貯まるから「お得」
  2. 会計がスムーズにできるので「便利」

数百円に対する数ポイントを貰うためにクレジットカードをコンビニで使うのは恥ずかしい。。。面倒くさい。。。などと言わず、店員さんやお店のためにもどんどん使って、お得で便利なカードショッピングを楽しみましょう!

-コンビニ
-, , , ,

Copyright© キャッシュレス生活ナビ , 2019 All Rights Reserved.