本当にトクするクレジットカードの選び方や使い方をご紹介!ポイント稼げる最強カードあります!

クレジットカードのメリットとデメリット【初心者向け基礎知識】

      2016/09/22

クレジットカードのメリットデメリット

クレジットカードのメリットとデメリット

今や、ネットショップはもちろん、コンビニやスーパー、ガソリンスタンドなど、生活のあらゆる場所で利用できるクレジットカード。一番の利点と言えば、やはり商品を後払いできるシステムと言えますが、それ以外にも保険や割引、特典、ポイントサービスなど様々なメリットが存在します。

その反面、知らないと損をしてしまうデメリットも存在しますので注意が必要です。基本的には、事前にデメリットを理解しておけば、対策を練ることはできますので、損をしないようにカードを利用することは可能です。

そこでここでは、クレジットカードのメリットとデメリット、またその対策を紹介させて頂きます。これからクレジットカードを作る方は、是非参考にして、自分に合うカードを見つけてくださいね。

メリット

1:現金を持たずに支払いができる

なんと言っても、現金を持ち歩く必要がなく、手持ちのお金が無くてもお店で買い物や食事等の支払いができるというのが最大のメリットです。
支払う前にわざわざATMでお金を下ろす必要がないですので、お金を準備する手間や手数料などを気にする必要もありません。
高額なお買い物をする場合でも、大金を持ち歩く必要がないので安心です。現金の場合、財布を落としたり盗まれたりすると、高確率で無くしたお金は戻ってこないと思いますが、クレジットカードであれば、盗まれて不正利用をされたとしても補償があるので実際の被害はありません。

2:ポイントが貯まる

クレジットカードを利用すると、その利用金額に応じてポイントを貰うことができます。1ポイントの価値はクレジットカードによって異なりますが、概ね利用額に対して1〜2%が還元されるようになっており、例えば、1,000円の支払いをすると10円〜20円相当のポイントが戻ってくる計算となります。
貯めたポイントは、商品券や電子マネー、家電などの商品や航空会社のマイルなどに交換することが可能です。また、カードによってはキャッシュバックでカードの利用代金に充当できたり、ネット通販の支払いや送料に充てることもできます。

3:優待サービスを受けられる

サービス内容はカードによって異なりますが、クレジットカードを持っているだけで優待サービスを受けることができる場合があります。
例えば、クレジットカードを提示するだけで、スーパーやコンビニでのお買い物や、レストランでの食事代、映画館の利用料金が割引になったりすることがあります。
クレジットカードを利用しなくても提示するだけで優待サービスを受けれる場合もありますので、そのカードが年会費無料のカードであれば、いつもタダで割引券を持ち歩いているようになります。
他にも、ゴールドカードやプラチナカードなどの高いランクのカードが対象となりますが、中にはホテルや航空機の予約やコンサートや演劇のチケットの手配をしてくれるカードもあります。

4:保険が付いてくる

カードによって保険の種類は異なりますが、クレジットカードには各種保険が無料で付帯している場合があります。
よく見かけるのが、旅行中の治療費や、荷物の盗難や破損等を補償する、国内・海外の旅行傷害保険です。これがあれば、旅行前にわざわざ割高な掛け捨ての保険に入る必要がなくなります。
他にも、カードによっては、ショッピング保険や航空便遅延保険、シートベルト保険、スポーツ賠償責任保険などが付いている場合もあります。

5:ネットショッピングの決済が楽

ネット通販での支払い方法をクレジットカードにすれば、必要情報を入力するだけで買い物ができますので、代金を銀行口座へ振込んだり、コンビニへ行って支払ったり、商品が届く前に現金を用意しておく必要がありません。
クレジットカードのメリット

デメリットとその対策

1:使いすぎてしまう

その場で現金が動かず、お金を使っているという意識が薄れる場合があり、目に見える形でお金の管理がしにくいので、ついつい使いすぎてしまう場合があります。

【対策】

使い過ぎを防ぐには、衝動買いを止め、事前に計画を立てて使用すること。そして、利用明細をノートに付け、自分の利用金額を把握する必要があります。
どうしても自己管理ができずカードを使いすぎてしまう方は、その場で引落しが行われるデビットカードに切り替える方法もあります。

2:銀行口座の残高を管理しないといけない

クレジットカードを利用した場合は、毎月引落し日までに、引落しされる銀行口座へその利用金額を入れておかなければいけません。
毎月のことなので、ついつい忘れがちですが、支払いが出来なかったり、遅れたりしてしまうと、自宅や勤務先に電話がかかってきたり、督促状が送られてきたり、ブラックリストにのり今後カードが使えなくなったり、将来、住宅や車のローンなどが組めなくなる可能性もありますので注意が必要です。

【対策】

毎月、支払額が確定したら、自分の銀行口座の残高を確認するクセをつけましょう。支払いができないような金額を利用しないようにする必要もあります。

3:利息がかかる場合がある

クレジットカードの支払いを1回払いに設定しておけば利息がかかることはありませんが、分割払いやリボ払い(毎月一定の最低金額を払っていくシステム。支払額が少ない分、支払い期間が長くなってしまう。)の場合、利息がついてしまいます。

【対策】

支払いはできるだけ「1回払い」にしましょう。

4:盗難やスキミングによる不正利用

クレジットカードを盗まれたり、カードの磁気記録情報を抜き出して同じ情報のカードを複製するスキミングや、偽のWEBサイトへ誘導し、個人情報を抜き取った上で不正使用するフィッシング詐欺にあう可能性があります。

【対策】
  • いつも使うカードのみ財布に入れて身近なところで管理する。
  • 必要の無いカードは持ち歩かない。もしくは解約する。
  • 利用明細は毎月しっかり確認し、身に覚えのない履歴があれば速やかにクレジットカード会社に連絡する。

クレジットカードのデメリット

まとめ

お得なクレジットカード
クレジットカードには、知っておくと得をするメリットと、忘れてはならないデメリットがあります。クレジットカードのメリットを活かして上手に利用すれば、豊かな生活を送ることができるでしょう。年会費がかからないカードであれば、一枚作ってみるのもアリではないでしょうか。

デメリットに関しては、利用者の注意次第で回避できることばかりですよね。しっかりと内容を把握し、対策を練り、正しく利用すれば問題はないのではないでしょうか。

クレジットカードは「後払い」できる便利なシステムですので、「カードを利用したら返済する」ということをしっかりと守れば、クレジットカード会社と長い付き合いができますし、社会的信用をアップさせることもできるしょう。

LINEで送る
Pocket