キャッシュレス生活ナビ

クレジットカードや電子マネー、スマホQRコード決済他、おすすめのキャッシュレス決済を徹底比較!

キャッシュレス決済攻略

マイナポイント事業【第2弾】で選ぶべきキャッシュレス決済【おすすめ5選】

更新日:


重要なお知らせ

※マイナポイント【第2弾】が2022年1月1日より実施されています。
マイナンバーカードを取得された方のうち、マイナポイント第1弾に申し込んでいない方(マイナンバーカードをこれから取得される方も含みます。)は、マイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐付け、そのキャッシュレス決済を利用することにより最大5,000円相当のポイントがもらえます

2021年12月末までにマイナポイント第1弾に申し込んだ方で、まだ20,000円のチャージやお買い物を行っていない場合(最大5,000円分までポイント付与を受けていない方)は、2022年1月1日以降も引き続き、上限(5,000円相当)までポイントの付与を受けることができます。

2021年5月以降にマイナンバーカードを申請し、マイナポイントの申込みを行っていない方も、2022年1月1日から申し込めます。

詳細は「マイナポイント事業公式サイト 」にてご確認ください。


マイナポイントの予約完了画面

マイナポイント5,000ポイントとは別に独自の上乗せがあるキャッシュレス決済がおすすめ!

2020年9月から始まった「マイナポイント事業」。マイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐付け、そのキャッシュレス決済を利用することにより、最大5,000円相当のポイントがもらえるという、マイナンバーカードの普及促進とキャッシュレス決済の普及、消費の活性化を目的とした、総務省が行っている施策になります。

現在、そのマイナポイント事業の対象となるキャッシュレス決済サービスは、電子マネー、プリペードカード、QRコード決済(スマホ決済)、クレジットカード、デビットカードなどのうち、100種類以上の決済方法が用意されているのですが、あまりにも数が多いため「マイナポイントの申し込みをする際に、どのキャッシュレス決済を選べば良いのか分からない、、、」と迷われている方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、マイナポイントに登録すべきお得なキャッシュレス決済サービスをご紹介いたします。

マイナポイント事業でもらえる本来の5,000円相当ポイントだけでなく、各決済サービス独自で上乗せしたポイント分も多く獲得できるキャッシュレス決済サービスを厳選しています。

マイナポイントの申込みを行う際に、どのキャッシュレス決済を登録すべきか迷われている方は、ぜひ参考にしてください!

年齢が18歳〜39歳の方はコチラ!

おすすめ1:最大5,000円相当のマイナポイントとは別に最大30,000円キャッシュバック!

JCB CARD W(ダブル)

マイナポイント最大5,000円分付与+最大30,000円キャッシュバックあり

  1. マイナポイントにJCB CARD Wを登録し、20,000円のご利用で最大5,000ポイント(5,000円相当分)もらえます!
  2. さらに、期間中Amazon.co.jp利用分の20%(最大30,000円)をキャッシュバック※
  3. さらにx2、18歳〜24歳の方には、Appleギフトカード1,000円分プレゼント※
    ※入会期間:2022年4月1日(金)~2022年6月30日(木)
    ※キャンペーンの詳細・条件を必ずご確認ください。
    ※MyJCBアプリのログインが必要です。

  4. 18歳〜39歳入会限定のクレジットカード
  5. 基本ポイント還元率1%→「公共料金の支払いでもポイント還元率1%」
  6. ポイントアップ登録をしてAmazon.co.jpを利用するとポイント8倍!
  7. セブンイレブンやスターバックスでもポイント高還元!
  8. 表面ナンバーレス&タッチ決済にも対応!
  9. ショッピングガード保険が自動付帯

編集部からのコメント

JCB CARD Wは、年齢が18歳〜39歳の方のみ入会できる限定カードになりますが、39歳までにカードを作っておけば、40歳以降も年会費無料のまま継続利用できます。
ポイント還元は通常、JCB一般カードの2倍、ポイント還元率1%で、JCBのOki Dokiポイントが貯まります。Amazon.co.jp、セブンイレブン、スターバックス、ビックカメラなどのJCBパートナー店ならポイント還元率がさらに大幅アップします!
年会費無料でポイント高還元のカードをお探しの方に是非とも持っていてほしい一枚です。

© 2022 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Appleのロゴマークは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。本書に記載されているその他のすべてのマークは、Apple Inc.が所有しているか、各社の商標である場合があります。

おすすめ2:最大5,000円相当のマイナポイントとは別に最大6,500円相当ポイントももらえる!

三井住友カード(NL)

マイナポイント最大5,000円分付与+入会特典あり

  1. マイナポイントに三井住友カードを登録し、20,000円のご利用でVポイントを最大5,000ポイント(5,000円相当分)もらえます!
  2. さらに、カード新規入会+利用で最大6,500円相当プレゼント!
    ※お申込期間:2022年5月1日(日)~2022年6月30日(木)
  3. タッチ決済でVポイント最大5%還元!(※1)
  4. 年会費永年無料、最短5分発行
    ※最短5分発行受付時間:9:00〜19:30
    ※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。
  5. カード両面ともに番号の印字がないので安心、安全!
  6. 三井住友カード ゴールド(NL)なら、合計で最大13,000円相当のVポイントがもらえる!
    (マイナポイント最大5,000円相当ポイント&カード新規入会+利用で最大8,000円相当プレゼント)
    ※お申込期間:2022年5月1日(日)~2022年6月30日(木)

編集部からのコメント

今、流行りのナンバーレスカードです!マイナポイントをもらうついでに三井住友カードの入会キャンペーンを利用すれば、合計で最大11,500円相当のVポイントが貯まります!タッチ決済利用でVポイントが最大5%還元(※1)されるので、マイナポイント事業が終了しても手放せない一枚になるでしょう。

おすすめ3:最大5,000円相当のマイナポイントとは別に最大5,000円相当のポイントももらえる!

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト券面

マイナポイント最大5,000円分付与+入会特典あり

  1. イオンカードセレクトほかWAON機能付イオンカードをマイナポイントに登録し、20,000円のご利用で最大5,000WAON(5,000円相当分)もらえます!
  2. 新規WEB入会+ご利用で最大5,000円相当WAON POINTプレゼント!
    ※お申込期間:2022年5月11日(水)~2022年6月10日(金)
  3. イオンカードセレクトはクレジットカード機能と電子マネー「WAON」とイオン銀行のキャッシュカードが一体となった1枚で3役をこなす便利な年会費無料のカードです。

編集部からのコメント

マイナポイント申込み時に「イオンカードセレクト」を選択した場合、「クレジットのご利用」または「WAONのチャージ」がマイナポイント付与の対象になりますので、どちらか一方をお選びください。

おすすめ4:マイナポイントの最大5,000ポイントとは別に独自の上乗せあり!

d払い

マイナポイント最大5,000円分+dポイント(期間・用途限定)最大1,000円分付与

  1. マイナポイント申込み時に「d払い」を選び、チャージorお支払いで25%付与(=最大5,000円分付与)
  2. さらに、はじめてd払いを利用する場合、お支払いの50%還元(=最大1,000円分付与)
    ※d払い残高、電話料金合算払い、dカード払いが対象
    ※2022年3月31日までは上限2,000ポイント付与
  3. さらに、「d払い」のお支払い方法を「dカード」に設定すれば+1.5%以上還元あり(常時)

編集部からのコメント

スマホコード決済の「d払い」は、クレジットカード以外では、マイナポイント紐付けに一番オススメな決済サービスです!マイナポイントにd払いを選ぶと、マイナポイント分を含め、合計最大6,000ポイントもらえます!さらに、そのd払いのお支払い方法をクレジットカードの「dカード」にしておけば、常時1.5%以上のポイントがプラスしてもらえるので更にお得です。ドコモユーザーには「dカード GOLD」が、ドコモ以外のau、ソフトバンク、楽天、格安スマホユーザーには「dカード」がおすすめです。dカードは最短5営業日での発行も可能、この機会にぜひ、dカードを1枚作って、d払いに設定しておきましょう!

▼ドコモ以外のスマホユーザーはdカード↓

▼ドコモユーザーはdカード GOLD↓

おすすめ5:いろんなお店で利用できる!

PayPay(ペイペイ)

PayPay徹底解説

マイナポイント最大5,000円分付与+おトクなキャンペーン常時開催中!

  1. マイナポイントにPayPayを登録し、チャージorお支払いで25%付与(=最大5,000円分付与)
  2. アプリ内にある「PayPayクーポン」を使えば、更におトク!
  3. 利用店舗数が多いのが魅力!

編集部からのコメント

既にコンビニやスーパー、飲食店など260万ヵ所以上の店舗がPayPayと提携しているため、マイナポイント事業が終了しても将来的にPayPayを利用する機会は多くなるでしょう。支払い時に自動で適用されるPayPayクーポンを使えば、更に便利でおトクなお買い物が楽しめます!

▼iPhoneはコチラ↓

▼Android搭載スマホはコチラ↓


※1 Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで利用
※1 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※1 一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

-キャッシュレス決済攻略
-, , ,

Copyright© キャッシュレス生活ナビ , 2022 All Rights Reserved.