キャッシュレス生活ナビ

クレジットカードや電子マネー、スマホQRコード決済他、おすすめのキャッシュレス決済を徹底比較!

スマホ決済徹底解説

主要スマホ決済を徹底比較

更新日:

スマホさえあればカードも現金も不要!

最近注目されているキャッシュレスの決済方法が、専用の端末が用意されたお店や交通機関などで、スマホをタッチしたり、QRコードやバーコードをスマホでスキャンすることにより支払いができる「スマホ決済」です。

スマートフォン1台あれば、カードや小銭を持ち歩く必要がない上に、ポイントが貯まったり、割引サービスを受けれたりするので、現金で支払うよりもお得になります。

スマホ決済の種類

スマホ決済には、Apple Pay(アップルペイ)やGoogle Pay(グーグルペイ)のように、リーダーにかざしてスピーディに決済できる「かざすタイプ」と、店頭でスマホのアプリを立ち上げてコードを表示したり、お店のコードを読み取ったりして支払いを行う「コード読み取りタイプ」の2種類があります。

「かざすタイプ」はサッとスピーディに決済できるところが最大の魅力になりますが、スマホユーザーであれば誰でも利用できるわけではなく、端末にICチップが搭載されていないと使えないようになっています。

一方、「コード読み取りタイプ」の方は、コードを表示したり、コードを読み取ったりする一手間が必要であったり、駅改札のタッチ払いができなかったりしますが、アプリをインストールできれば、スマホの機種に依存することなく大半のスマホ端末で利用することができます。

さらに、「コード読み取りタイプ」であれば、店側にとっても導入コストが安く済むため、今後普及しやすい状況にあります。

主要スマホ決済比較表

スマホ決済名称 Apple Pay Google Pay LINE Pay 楽天ペイ ORIGAMI Pay d払い amazon pay PayPay
読み方 アップルペイ グーグルペイ ラインペイ ラクテンペイ オリガミペイ ディーバライ アマゾンペイ ペイペイ
タイプ かざすタイプ コード読み取りタイプ
決済形式
  • リーダーにかざす
  • ネット払い
  • リーダーにかざす
  • ネット払い
  • コード表示
  • コード読み取り
  • ネット払い
  • コード表示
  • コード読み取り
  • ネット払い
  • コード読み取り
  • コード表示
  • ネット払い
  • コード表示
  • ネット払い
  • コード表示
  • コード読み取り
支払い方法
  • suicaに現金でチャージして支払い(前払い)
  • suicaにクレジットカードでチャージして支払い(後払い)
  • iD、QUICPayで支払い(後払い)
  • 登録したカードによる
  • 銀行口座からチャージして支払い
  • コンビニ払いでチャージして支払い
  • セブン銀行ATMでチャージして支払い
  • チャージ専用口座へ振り込んでから支払い
  • LINE Payカードで支払う
  • クレジットカードを登録して支払う(後払い)
  • デビットカードを登録して支払う(即時払い)
  • クレジットカードを登録して支払う(後払い)
  • デビットカードを登録して支払う(即時払い)
  • プリペイドカードを登録して支払う(即時払い)
  • 銀行口座を登録して支払う(即時払い)
  • 月々の携帯電話料金と合算して支払う(ドコモユーザーのみ)
  • クレジットカードを登録して支払う(後払い)
  • dポイントで支払う(即時払い)
  • ドコモ口座残高から支払う(ドコモユーザーのみ)
  • クレジットカードを登録して支払う(後払い)
  • 銀行口座からチャージして支払う(前払い)
  • クレジットカード(ヤフーカード)からチャージして支払う(前払い)
  • クレジットカードを登録して支払う(後払い)
  • Yahoo!マネーでチャージして支払い(前払い)
支払いのタイミング
  • 前払い
  • 後払い
  • 前払い
  • 後払い
  • 前払い
  • 即時払い
  • 後払い
  • 即時払い
  • 後払い
  • 即時払い
  • 後払い
  • 後払い
  • 前払い
  • 後払い
対応機種
  • iPhone7以降
  • Apple Watch Series 2以降

など

  • おサイフケータイ対応のAndorid端末
  • iOS9.0以降
  • Android OS4.0.3以上
  • iOS9.0以降
  • Android OS4.3以上
  • iOS9.0以降
  • Android OS4.4以上
  • iOS10.1以降
  • Android OS5.0以上
  • iOS9.0以降
  • Android OS4.4以上
  • OS 10.0以降
  • Android OS5.0以上
利用できるお店
  • セブン−イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イオン
  • マクドナルド
  • マツモトキヨシ
    ほか、Suica・iD・QUICPayに対応しているお店
登録可能な各電子マネーに対応している全てのお店(各電子マネーが使えるお店はコチラ→「主要電子マネーを徹底比較」)
  • ローソン
  • Right-on
  • ドラッグ新生堂
  • サンドラッグ
  • 大賀薬局
  • ツルハ
  • ココカラファイン
    ほか、LINE Payが使えるお店
  • ローソン
  • ケンタッキーフライドチキン
  • ロフト
  • 和民
  • Right-on
  • Zoff
  • パルコ
  • 日本交通
    ほか、利用可能な店舗はアプリで検索可能
  • ローソン
  • 高島屋
  • タワーレコード
  • 和民
  • ツルハドラッグ
  • ユナイテッドアローズ
  • Amazon
    ほか、使えるお店をさがす
  • サマンサタバサ(表参道・銀座本店・横浜元町・心斎橋店)
  • 東京都、福岡市などの数十店舗(導入店舗一覧
登録できるカード・金融機関
  • JCBカード
  • American Express
  • 三井住友カード
  • ソフトバンクカード
    などほとんどのクレジットカード(※ダイナースクラブカードなど一部除く)
QUICPayの決済用として登録できるカード

  • JCBカード(OkiDokiポイントが貯まるカード)
  • JACCS発行カード
  • Kyashカード

電子マネーのチャージ用として登録できるカード

  • VISAブランド
  • Mastercardブランド
  • JCBブランド
  • American Expressブランド
    のクレジットカード(※電子マネーによってはチャージできないカードあり)
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行
  • 地方銀行
    など60行以上
  • 楽天カード(VISA、Mastercard、JCB)
  • VISAブランド
  • Mastercardブランド
  • デビットカード(VISAデビット)
    (※JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、ディスカバーブランドのクレジットカードは2019年春に対応予定)
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 青森銀行
  • 三重銀行
  • 大垣共立銀行
  • じぶん銀行
  • 静岡銀行
  • 北越銀行
  • 第三銀行
  • みちのく銀行
  • ゆうちょ銀行
    など
  • dカード(VISA、Mastercard)
  • VISAブランド
  • Mastercardブランドのクレジットカード(一部除く)
  • VISAブランド
  • Mastercardブランド
  • JCBブランド
  • American Expressブランド
  • ダイナースブランドのクレジットカード(一部除く)
  • VISAブランド
  • Mastercardブランド
  • JCBブランド(ヤフーカードのみ)
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 地方銀行
    など60行以上
対応電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • Suica
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON
  • Suica
  • QUICPay
  • Yahoo!マネー
スマホ盗難・紛失時の対策
  • 「iCloud.com」から登録したカードを削除可能
  • Google Pay対応端末OSなら遠隔ロック可能
  • Android 6.0 Marshmallowは指紋認証の設定が可能
  • Google Payのクレジットカード情報は端末ではなく「グーグルのデータセンター」に保存されます。そのためアンドロイドスマートフォンがウイルス感染したり、端末自体を落としてもカード情報が抜き出されないというわけです。
  • LINE Pay用のパスワードを設定可能
  • LINE Payメニューから即時利用停止が可能
  • 不正利用時は補償制度を利用できる
  • 楽天IDのパスワードを変更することで、楽天ペイアプリの利用を停止できる
  • 連絡して本人確認できればアカウントを一時停止できる
  • バーコード表示画面にスマホ端末で設定したセキュリティを設定できる
  • 「おまかせロック」で画面のロックが可能
  • 契約者本人による手続きで回線・SPモード等の利用の中断が可能
  • Amazonアカウントへのサインインを2段階認証にし、パスワードとセキュリティコードの入力が必要になるように設定できる
  • AmazonのヘルプページからAmazonアカウントを閉鎖できる
  • 連絡して本人確認できればアカウントを一時停止できる(「登録の電話番号」と「ユーザーID」が必要)
おすすめポイント
  • コンビニや交通機関など使える場所が多い!
  • 簡単操作!使いやすい
  • セキュリティの高さも魅力的!
  • 複数の電子マネーをまとめれる!
  • 残高やポイント確認も簡単!
  • ポイントカードも登録できる!
  • チャージして使うので使いすぎの心配がない!
  • 利用状況に応じて最大2%のポイント付与!
  • 個人間で送金できるので割り勘に便利!
  • 楽天スーパーポイントが貯まって使える!
  • 楽天カードを登録すれば利用とカード決済の二重取りで200円で合計3ポイント獲得できる!
  • 即時割引がお得!
  • 割引クーポンの配信あり
  • dポイントが貯まって使える!
  • 定期的にお得なキャンペーンを実施!
  • クレジットカードがなくても携帯料金と合算払いできる!
  • 初めての利用で300ポイントプレゼント!
  • Amazon Mastercaradを登録すれば購入金額の1%のAmazonポイントを獲得できる!
  • JCBブランドやAmerican Expressブランドのクレジットカードも登録できる!
  • 支払い金額に応じて0.5%のPayPay残高(PayPayボーナス)が貯まる!
  • 「100億円還元」などの期間限定キャンペーンあり!

-スマホ決済徹底解説
-, , , , , , ,

Copyright© キャッシュレス生活ナビ , 2019 All Rights Reserved.